search-icon

ZIGENとクワトロボタニコを比較!おすすめメンズコスメはどっち?

ZIGENオールインワンフェイスジェルとクワトロボタニコの比較

メンズコスメの中でも高い人気を誇る、ZIGENオールインワンフェイスジェルクワトロボタニコを比較しました。まず簡単に両者の特徴を紹介します。

ZIGENオールインワンフェイスジェル

乾燥肌・脂性肌向けの本格派メンズコスメ。セラミドを始め、肌の本質に働きかける保湿成分を豊富に含んでおり、口コミにおける満足度が高いメンズコスメです。またオイルフリーでベタつかずに使えるのも人気の理由。自然な保湿感を残しながらしっとりサラサラな触り心地を得られます。

クワトロボタニコ

成分や品質的には、そこまで優れているわけではありません。しかし、オールインワン化粧品として値段が2,000円とお手軽。オーガニック由来の成分を中心に配合し、無香料でありながらフルーティ。メンズコスメ特有のアルコール感もなく使用感は最高です。しかし、乾燥肌・脂性肌といった肌に悩みを抱えている方にとっては実感力がZIGENに比べて薄いでしょう。

比較項目 ZIGEN クワトロボタニコ
価格(税込) 3,990円 2,160円
内容量 100g 115ml
タイプ ゲル ローション
用途 オールインワン
使用目安 2ヶ月
肌質 乾燥肌・脂性肌 普通肌
香り 無香料 ベルガモット
強み セラミド配合 価格の安さ・香り

ZIGENとクワトロボタニコの質感・使い心地を比較

ZIGENオールインワンフェイスジェルとクワトロボタニコの比較、両メンズコスメを手に取り使い心地を比較

ZIGENとクワトロボタニコの一番大きな違いは、化粧品の形状です。ZIGENは透明でオイルフリーのゲル、クワトロボタニコはとろみが強いローションです。

ZIGENオールインワンフェイスジェルを手の平に伸ばした写真

ZIGENのゲルは、女性用化粧品を含めても品質の良さが分かる透明感(無駄なものが配合されていない)が特徴。シャンプーが良い例ですが、合成界面活性剤を始めとする毒性成分を多く配合すると、化粧品は白く濁っていきます。オールインワンで、実感力を高めるゲル仕様でありながらこのみずみずしい形状を実現するのは非常に高い技術が求められます。

実際に肌に塗り込む中でも、心地よさと確かな保湿の実感を得ることができます。

メンズコスメ「クワトロボタニコ」を手の平に取り出した写真

対してクワトロボタニコはとろみが強いローションタイプ。正直、「オールインワン」と呼ぶには保湿の実感がイマイチですが、普通肌、20代前後で肌のハリに若さがある方であれば十分な実感力です。

ZIGENと単純な能力勝負をすると完敗ですが、乾燥やオイリーなど悩みを抱えていない方であればクワトロボタニコでもOKです。

ZIGENはチューブ、クワトロボタニコはボトル

ZIGENオールインワンフェイスジェルを手に取り出している写真

ZIGENは一回あたりの使用量が取り出しやすいチューブタイプ。しかし旅行などで持ち運ぶ際は潰れて中身が飛び出てしまう可能性もあります。見た目はマットで高級感があり、化粧台でも自立します。

メンズコスメ「クワトロボタニコ」を手で掴んでいる写真

クワトロボタニコは分厚いプラスチックのボトルタイプ。持ち運び時は潰れて中身が飛び出るというリスクはありませんが、キャップがくるくると回り外れやすい難点があるため注意して下さい。

ZIGENとクワトロボタニコの保湿力を比較

クワトロボタニコの決定的な弱点は「保湿力」です。正直、保湿できなければ基礎化粧品としての価値はほとんどありません。保湿力が弱い、ということは結果的に使用量・使用回数が増えることになるので、コスパを勘案するとクワトロボタニコは劣勢です。

ただ、ZIGENほど高い保湿力を望んでいない方も多いでしょうし、人によってこの値段の比較は見え方が変わってくると思います。少なくとも、乾燥肌・脂性肌といった保湿成分不足で起こる肌トラブルに悩んでいる方は、値段やイメージではなく、このように「保湿成分の有無」を確認して選ぶようにしてください。

ZIGENの場合は、セラミド、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、15種類ものアミノ酸類を含んでおり、乾燥対策・保湿対策ではメンズコスメの中でNo.1と言っても過言ではありません。朝・夜2回の使用で1日中肌の潤いはキープすることができ、使用目安通りのコストを計算することができます。

乳液のような油剤による「ごまかしの保湿」ではなく、保湿成分による内側の保湿力が高いため、テカったりべたついたりすることがないのがZIGENの特徴です。

ZIGENとクワトロボタニコ比較まとめ

価格の差もありますが、品質や能力という面ではZIGENの圧勝です。逆に、それを求めていない方(とりあえず初心者が使えるもの、特に肌の悩みはないが無難・安全なメンズコスメを探している方)にとってはクワトロボタニコでも十分です。。

ただ、クワトロボタニコはアンチエイジングケアの化粧品として売り出しているのが少し疑問です。具体的な予防・改善が見られる成分は微量で、その効果を実際に期待することは困難です。ZIGENの場合は保湿重視の配合であるため、あらゆる肌トラブルに柔軟です。

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

TOP