search-icon

ウル・オススキンホワイトニングの口コミ!薄いシミには効果ありもあくまで「予防用」

ウル・オス 薬用スキンホワイトニングの写真

今回紹介する「ウル・オス薬用スキンホワイトニング」は、大塚製薬が販売する医薬部外品のシミ対策用化粧品。製薬会社が販売する「男性専用」のシミ対策化粧品ということで非常に注目を集めています。しかし、

  • 本当にシミが消えるのだろうか?
  • 通常のメンズコスメとの違いは?
  • ウル・オスの他の商品も併用した方がいいの?

などポイントがたくさんあります。まず大事な点についてまとめると、ウル・オス薬用スキンホワイトニングでシミは消えません

ウル・オスに限らず市販のシミ用化粧品は「シミを予防する」目的のものであり、誤解が無いように読み進めて下さい。

ウル・オススキンホワイトニングってどんな商品?

ウル・オススキンホワイトニングは、肌の健康にこだわり続けた大塚製薬が「大人の男」を目指す男性をターゲットに、体臭対策や頭皮ケアまで全身のトータルケアを目指して展開されている「ウル・オス」シリーズのうち、「シミ対策」を担うメンズコスメです。

「シミ対策」を謳う化粧品は様々ありますが、ウル・オススキンホワイトニングは大塚製薬が制作しているという点、「薬用」とあるように医薬部外品の指定を受けている点から、数多のシミ対策用化粧品の中では期待ができるメンズコスメと言えるでしょう。

ウル・オススキンホワイトニングの使用レビュー

ウル・オス 薬用スキンホワイトニングを男性が手に持っている写真

ウル・オススキンホワイトニングはシミ予防をしたい箇所に直接塗布するペン型のデザインです。シミを「隠す」ためのいわゆるメイキャップのためのコンシーラーとは違い、基礎化粧品の分類になります。

出典:https://www.otsuka.co.jp/ulos/products/06.html

大塚製薬の公式サイトでは、ペンをそのまま肌に塗布して使うように案内されています。しかし、あまりにこれが使いにくく、シミにピンポイントで塗布することが難しいです。また冒頭、「シミの予防」を目的とした化粧品であると解説しましたが、すでにできてしまったシミにアプローチするこの手順に矛盾があることが分かります。

ウル・オス 薬用スキンホワイトニングの使い方を示した写真

化粧品の中身、配合成分については薬用成分トラネキサム酸が含まれ、形状はクリームです。肌がしっとりした感覚を持ち、またウル・オス特有のハッカの香りも感じられます。

ウル・オス 薬用スキンホワイトニングを指先に取り出した写真

メラニン抑制効果を発揮させたい箇所にしっかりと塗布すれば、効果が期待できる…と言いたいところですが、本来は顔全面に塗布しないと「予防」にはならないため、コスパ面・容器の構造などから評価することができません。

ウル・オススキンホワイトニングは「シミ消しクリーム」ではない!

繰り返しになりますが、ウル・オススキンホワイトニングを使ってもシミは消えません。それなのに、シミに直接塗布するペンタイプという矛盾です。

「シミが気になる男たちへ男のシミ対策!」というキャッチコピーで、購入者から「これはシミ消しクリームなのか!」と誤解されがちですが、ウル・オス 薬用スキンホワイトニングは「シミ予防クリーム」であり、既にできたシミにはほとんど効果を発揮しません。

加えて、美白有効成分として配合されているトラネキサム酸は、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する効果のある成分であり、メラニンを除去する効果のある成分ではありません

もちろん、トラネキサム酸のメラニンの生成を抑制する効果により、現時点でシミができている人が塗布したとしても、それ以上シミが広がるのを防いでくれるという効果を期待することはできますが、シミ自体が消滅するわけではないので、注意をしましょう。

配合成分

有効成分:トラネキサム酸(美白有効成分)

その他成分:精製水、オクタン酸セチル、流動イソパラフィン、濃グリセリン、アデノシン一リン酸、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ペンチレングリコール、ステアリルアルコール、POE硬化ヒマシ油、桑エキス、カモミラエキス-1、ゲンチアナエキス、加水分解ローヤルゼリータンパク液、紅藻エキス、アルピニアカツマダイ種子エキス、アーティチョークエキス、プルーン酵素分解物、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ステアリン酸、ミツロウ、ステアロイルメチルタウリンNaイソステアリン酸グリセリル、キサンタンガム、天然ビタミンE、フェノキシエタノールBG、水酸化K、無水亜硫酸Naエデト酸塩香料

ウル・オススキンホワイトニングの評価

評価 コメント
使用感 ペン型で気になる箇所に塗布するのが容易。
成分 美白成分や抗酸化成分など、シミ予防になる成分が含まれている。
効果 シミ予防としては十分な効果を発揮する。
コスパ 容量が極めて少ない

ウル・オススキンホワイトニングをおすすめできない人

前述の通り、ウル・オススキンホワイトニングはシミ予防クリームであるため、現時点でシミに悩まされている人や、シミを肌から根本的に消したいと思っている人にはおすすめできません

また、一本1,944円(税込)という金額に、「シミ予防化粧品」として本来の使い方を守って利用すれば一瞬でなくなってしまう容量、とてもコストパフォーマンスがよいとは言えません。

ウル・オススキンホワイトニングをおすすめしたい人

  • シミができやすい肌質だがこれ以上シミを増やしたくない
  • シミ治療中に新しいシミを作りたくない
  • 初期のシミ対策として利用する場合
  • 日焼けしやすい肌質である

ウル・オス 薬用スキンホワイトニングは、シミを予防するという上では非常に役立つメンズコスメであるため、以上の項目に当てはまる人にはおすすめです。

形状はペンタイプなので持ち運びも簡単ですし、少量を気になる箇所へサッと塗布することができます。また使用感がウル・オスの清涼感ある香りで、クリームであるにも関わらず夏場もさっぱりして使い心地が良い点は評価できます。

ウル・オススキンホワイトニングはワンランク上の肌を目指すメンズスキンケア!

ウルオス商品(スキンミルク・スキンローション・スキンクリーム・ホワイトニング)の写真

ウル・オス 薬用スキンホワイトニングの成分表示を確認し、自分自身で使ってみて、「できたばかりの薄いシミ対策」としては効果が期待できると感じました。

シミがいっぱいできている肌とシミのない透き通った肌、男女関係なく評判がよいのはシミのない透き通った肌ですし、自分の顔を鏡で見た際にシミだらけの肌を見るのととシミのない肌を見るのとでは、後者の方が自信が持てますよね。

周囲の男性から肌でワンランク差をつけるためにも、ウル・オス薬用スキンホワイトニングはおすすめです。

ブランド名 ウル・オス薬用スキンホワイトニング
化粧品分類 美白クリーム
メーカー 大塚製薬株式会社
価格 1,944円(税込)
内容量 2.5g
使用目安 1週間~1ヶ月
取扱店舗 全国の薬局にて購入可能
公式サイト https://www.otsuka.co.jp/ulos/

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

TOP