search-icon

髭剃り前のシェービングフォーム(ジェル)は必要?使わない方が肌に良い場合も

シェービングフォームを使ってヒゲを剃る様子

ひげをスムーズに剃りたい、カミソリ負けやヒリヒリを防ぎたい、青ひげにならないように深剃りしたい。そうした悩みからシェービングフォーム又はシェービングジェル(以下:シェービングフォーム)のおすすめを探している方は多いのではないでしょうか。

シェービングフォームは、質の悪い・安価なカミソリやシェーバーを使うときには絶対に必要です。一枚刃のカミソリを使用するときも滑りをなめらかにするために使用します。

しかし高性能の電気シェーバーや、3~4枚刃以上の肌に圧力がかからないカミソリであれば必ずしも使う必要はありません。特に今の電気シェーバーはシェービングフォームを使わないほうがきれいに・安全に剃ることが可能です。

シェービングフォームの効果や使用用途

Schick ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム

シェービングフォームは洗顔フォームや他の化粧品に比べて成分が強力なものが多く含まれているため、できれば使いたくないもの。男性と女性でここまで肌質(肌の透明感)に差があるのは、髭剃りの頻度が最も影響していることを忘れないようにしましょう。

一般的に知られているシェービングフォームの効果・使用用途は以下の通りです。

  • 髭を柔らかくする
  • 肌の摩擦を抑える、炎症予防
  • カミソリの刃の滑りをなめらかにする
  • 毛穴を開かせる

シェービングフォームは一種の麻酔的な効果と、道具(カミソリ)のパフォーマンスを高めるオプション的な効果を持ち合わせています。従って、「シェービングフォームを使えば、使わないときよりうまく剃れるという」ものではありません。

また「より深く剃ることができる」「青ひげが改善される」という魔法のアイテムでもありません。使わなくてもうまく剃ることはできますし、電気シェーバーであればシェービングフォームを使わない方がうまく剃ることができる場合もあります。

乾燥肌・敏感肌の方はシェービングフォームを使わない

Schick ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム

繰り返しになりますが、シェービングフォームはオプションです。毎日の髭剃りを便利に快適にするためのアイテムであって、シェービングフォームを使うことが男性にとっての正しいシェービング、正しいスキンケアというわけではありません。

こちらはシックの「ジェルフォーム」。ジェルとフォーム(泡)を組み合わせて、ジェルを手の平で練るだけで使いやすい泡に変形するという優れもの。

Schick ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム

確かに利便性には長けていますし、シェービングも簡単に済ませることができます。ただし、「スキンケア」「肌への影響」を考えて配合成分を見てみると、とても毎日のケアとして使用するには危険性が高い、乾燥肌や肌が弱い敏感肌の方にはおすすめできないものです。

Schick ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォームを肌に塗布

界面活性剤や色素類、噴射剤、その他毒性を持つ成分が多く、「とても危険」「使うべきではない」とまでは言いませんが、「オプションである」という特性を理解した上で乾燥肌や敏感肌の方が使うにはリスクが大きいと判断します。

また洗い流すための“泡切れ感”と言いますか、肌への粘着・滞留感が強いためそれを取りきる肌への負担は大きいものです。通常の洗顔フォームですら、肌に泡を乗せていて良い時間は30秒以内だとされていますが、シェービングフォームの場合は泡を乗せたまま短くても1分以上そのままジョリジョリと鏡とにらめっこするわけです。その間に肌は泡の界面活性剤の力で溶けてしまい、肌荒れやニキビの原因になっていきます。

ひげそり後、シェービングフォームを洗い流す様子

男性の場合、洗顔料や化粧品類、こうしたシェービングフォームにしても、[危機感]というのがまるでありません(使わないより使った方が良いと思っている方が多い)。それを意識するだけでもスキンケアについての認識は抜群に伸びると思います。

安価なカミソリ、温泉やホテル備え付けのカミソリには必ずシェービングフォームを使う

私がシェービングフォームの危険性をここまで述べてきた理由は、カミソリやシェーバーが「安全・高性能である」という前提に立った場合の話です。安全であるものを使用しているにも関わらず、それ以下の安全性のものを掛け合わせれば、効果は半減してしまいます。

しかし、その逆パターン。つまりカミソリやシェーバーに少し不安があるものについては、シェービングフォームを使ってしっかり対策すべきでしょう。

アフターシェーブローションの使用可否について

ルシード薬用シェービングローション

最後に補足としてアフターシェーブローションについてもまとめます。これもシェービングフォームと同じで「使用目的」をはっきりと押さえているかどうかが重要。

つまり、ドラッグストアなどに行って「アフターシェーブローション」と書いてあるからそれを手に取るのではなく、なぜアフターシェーブローションを使う必要があるのか、アフターシェーブローションがそもそも何を目的にしているのか、それが自分の中でわかっているか理解することです。

結論から言うと、「アフターシェーブローション」というものはこの世に存在せず、パッケージにそう書かれているだけで中身は化粧水や乳液と同じ。わざわざ「アフターシェーブローション」を買う必要などなく、今まで使っている化粧品をアフターケアとして使用すれば問題ありません。

さらに極論を言うと、シェービングフォームの代用として「洗顔料」を使っても構いません。恐らくそうした方のほうが多いのではないでしょうか。「化粧品」とは、基本的にそうした目線・スタンスで作られているものが多いため、賢く・正しくそれらを選ぶことができれば、損してしまうことがだいぶ少なくなると思います。

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

TOP