search-icon

男性の脂性肌対策マニュアル!皮脂のギトギト・ベタつきをどうにかしたい

顔の肌質を気にする男性

脂性肌は男性ホルモンの影響を受ける皮脂腺が関係しているため「男の宿命」と言えばまさにその通りです。しかし、対策はいたってシンプル。なぜなら皮脂は「水溶性」で顔を洗えばすぐにきれいになるからです。しつこいイメージがある皮脂も、実は対策は簡単。

皮脂は角質層の外側で肌を守る成分なので、男性は女性より肌が強いはず。脂性肌はマイナスばかりではありません。

また、「乾燥肌」とは皮脂膜より内側にある保湿成分(角質層)の不足によって起こるため、脂性肌と乾燥肌は実は似た者同士なのです。保湿成分を肌が自生することはできないので、人間の肌は皮脂を分泌して守ろうとします。肌が乾燥したりベタついたりを繰り返す方も、これを理解すれば対策が見えてきます。

乾燥肌も脂性肌もインナードライ肌も、結局のところ重要なのは保湿成分

脂性肌で悩まれる方にとっては、夏など汗ばむ季節はもちろん、基本的には年中対策が必要になると思います。そこでスキンケアや化粧品をコロコロ変えたり、間違った方法で対処してしまうとドツボにはまります。ここではそんな脂性肌で悩む方にとっての道標・具体的な改善策をまとめた記事になっています。

実は勘違い?自分が脂性肌か確かめる方法

肌がテカる、ギトギトしてニキビができてしまった、もしかして自分は脂性肌かもしれない。

しかし、それは勘違いであることがほとんどです。大半の原因が運動不足に伴い眠っていた皮脂や、汗と混ざって「ギトギトしている」と感じるだけ。特に夏場そのように感じる方は、気温が高くなって「汗」が増えただけの可能性があります。その場合は脂性肌ではありません。

脂性肌の方は基本的に1年中肌がギトギトしているのが特徴で、「夏だけオイリー肌」ということはありません。あえて言うのであれば「普通肌」です。

体調や季節的要因で肌がギトギトしてしまうのは、エステ用語で言うと「不安定肌」と呼びます。生活習慣や運動不足、ストレスなど環境的な要因が大きいと言われています。

男性の脂性肌診断

脂性肌といってもその原因は様々。10代~20代のホルモンバランスが不安定のうちは、皮脂の分泌が活発でニキビ・肌荒れ・テカリなどの肌トラブルに悩まされることも多いので、「脂性肌」と判断して間違いありません。

しかし、それ以降の年代の方は安易に決めつけてはいけません。人間は加齢に伴って肌内部の保湿成分が減少していき、乾燥肌になります。肌が乾燥すると皮脂が出ないかというとそういうことでもありません。乾燥肌でも皮脂は分泌されます。

そしてこの皮脂は脂性肌によるものではなく、乾燥肌によって引き起こされているものなので、脂性肌用の化粧品や対策を行うと乾燥肌が悪化する恐れがあります。

自分が脂性肌だと思っていても、実際は乾燥が原因だったということはよくあること。冒頭「乾燥肌と脂性肌は似た者同士」だと解説しましたが、乾燥肌の対策を学ぶことも結果的に脂性肌の対策になります。

皮脂の役割

皮脂分泌が行われると肌表面に皮脂膜が張られます。外部からの雑菌の侵入を防ぐ「バリア機能」の働きがあります。適切な皮脂量が正しく分泌されれば、常在菌が適正に機能し肌を健康的に保つことが可能です。しかし皮脂を放置すれば数時間で酸化し、「過酸化脂質」となります。これは肌荒れやニキビの原因になる成分なので洗顔できちんと洗い落とすようにしましょう。洗い過ぎも、ギトギトのまま放置もNG、皮脂と共存することが美肌への近道です。

また「皮脂が保湿の役目も果たす」とよく聞きますが、皮脂には肌を保湿する力はありません。保湿は「保湿成分」で行うものですので、オイリーであろうと、乾燥肌であろうと保湿は必要になります。

脂性肌の原因

皮脂は皮脂腺の働きによって作用しますが、皮脂腺を活性化せるのは男女問わず男性ホルモンです。脂っこいものを摂取する機会も多く、仕事のストレスも溜まりやすい、さらにストレスは男性ホルモンの分泌を活性化させる機能を持っているため、サラリーマンは特に皮脂を分泌する環境に身を置いているのです。

洗顔方法が間違っているとか、選ぶ化粧品が悪いとか、外的な要因ももちろんありますが、内側のケアが最も健康的な肌を手に入れる近道であることは言うまでもありません。ここで解説しているスキンケアはあくまで補助的なものだと理解して下さい。逆にこういった自律神経・ホルモンバランスの崩れは改善すれば驚くほど早く回復します。思い当たる点があれば早急に取り掛かるべき事項でしょう。

男性の汗っかきと脂性肌は別物!多汗症なら体質改善を

汗っかきの方の場合、「自分は脂性肌なのか」「ニキビや肌荒れも汗のせいか」と疑う方も多いでしょう。もちろん、汗をたくさんかきそれを放置すれば雑菌が溜まり肌荒れの原因になります。しかし、汗腺から分泌されるのが汗、皮脂腺から分泌されるのが皮脂であるため、汗っかきとオイリーは関係ありません。

なお多汗症とワキガも別物です。汗の種類が異なります。「エクリン汗腺」から分泌されるサラサラで透明の汗を大量にかく人は多汗症、「アポクリン汗腺」から分泌される黄色く粘り気のある汗をかく人がワキガです。アポクリン汗腺は顔面には分布されにくい汗腺であるためワキガと脂性肌はあまり関係ありません。

汗の成分は9割以上が水分で構成されています。そして脂性肌の原因は、肌に潤いを与えようと肌自らが分泌する皮脂によって起こります。汗で肌が潤いに満たされているのに皮脂が過剰に分泌されることはなく、汗っかきだからといって自分は脂性肌だと思うのは誤解です。

男性の脂性肌特有の肌トラブル

肌のキメが悪くなる

「キメが悪い」とは、肌の繊維が粗いということ。毛穴に皮脂が詰まり肌表面が凸凹の状態であり立体的に見えてしまっていることを差します。正しい洗顔方法で、毛穴に皮脂を溜めないようにしましょう。

毛穴は温度によってその大きさが変化するため、夏場は特に開いて見えることが多くなります。毛穴汚れは洗顔とスキンケアを正しく行えば通常のターンオーバーを持つだけでキレイに生まれ変わります。鼻パックやピーリングを過度に行うとかえって悪化してしまうため注意してください。

肌のテカリ・ベタつき

皮脂は油です。余剰な皮脂分泌は顔にテカリを与え、不衛生な印象を持たれます。あぶらとり紙を用いてこまめに拭き取るようにしましょう。「あぶらとり紙の使い過ぎは肌によくない」と言われますが、正しく使用すればいくら使っても構いません。危険性はゼロです。

また、刺激が強い化粧品や洗顔料を用いている方は、その使用を一旦止めて、低刺激で安全性の高いものに変えてください。肌の防衛反応で皮脂を分泌している可能性もあります。特に「洗い過ぎ」には注意してください。

ニキビ

過剰に分泌された皮脂は、毛穴の中で滞留し古くなり、アクネ菌という常在菌と反応しニキビになります。思春期ニキビも大人ニキビも原理は同じ。脂性肌が大きく関係しています。

思春期ニキビの場合、発生する場所がTゾーン近辺で脂性肌の方が多くかかりやすいと言われています。大人ニキビはフェイスラインやUゾーンにでき、生活環境や仕事のストレスが原因で発生することが多いと言われています。若い頃より弱まった肌にできるニキビ(大人ニキビ)は、潰してしまうとニキビ跡となって残ってしまうため、できるだけ刺激を与えないようにしてください。

また、ニキビは化粧品で治ることはありません。様々な「アクネ用」「ニキビ用」と謳った化粧品が存在しますが、これらは全て予防用の化粧品です。間違った化粧品を使用し続ければ、ニキビは中々治らず、また痕になりやすくなります。ニキビができたら病院へ、それが無理な場合は、その間化粧品の使用は控えるようにしてください。

毛穴の黒ずみ

ギャツビースペシャルウォッシュマイルドピーリングで小鼻の角質・黒ずみを除去している様子

毛穴に詰まった皮脂は角栓となり、酸化すると黒ずみを伴います。毛穴に皮脂が溜まるということは毛穴は常に開いたままということになり、バイ菌も入り放題。肌のキメも悪くなります。洗顔は必ず毎日行い、週に1度のピーリングなどで適度に角質の除去を行うようにしましょう。

くすみ

余分な皮脂が肌の上に滞留すると、酸化&硬化し厚く重なり合います。すると顔全体が曇ったようにくすみ、不健康な印象を与えます。血行不良以外の肌のくすみの原因はこのような皮脂の余剰分泌の場合もあります。ピーリングやクレイマスクなどで肌のケアを行うことで改善できます。

皮脂の分泌を抑えるポイント

正しい洗顔方法を身につける

洗顔をする男性

洗顔時は絶対に「ゴシゴシ」と男らしい洗い方をするのは禁止です。皮脂を過剰に削り取る強烈な洗顔方法で肌荒れを誘発してしまいます。正しい洗顔方法をマスターし、皮脂の分泌をコントロールしましょう。

Tゾーンのスキンケア

Tゾーン(額と鼻を結んだ線)については特に毛穴が多く、逆に頰や目元は毛穴が少なくまた小さくなっています。従って、洗顔時には”メリハリ”を持たせることで皮脂汚れを抑え、またニキビや肌荒れの予防となります。

つまり、Tゾーンの洗顔はしっかり、頬や目元は素早く洗顔を行います。洗顔後は肌の保湿をしっかり行い、肌が潤っていることを皮膚に知らせ、皮脂の過剰分泌を予防しましょう。

適切な保湿を行う

B.C.A.D HOMMEトータルエマルジョンを実際に使用

保湿はどんな肌にも必要です。「ニキビや肌荒れがひどいから保湿は必要ない」「夏はべたつくし暑いから保湿はしない」という方も多いみたいですが、保湿は通年にわたって必要なケアです。これは本当に重要な理解なのですが、ほとんどの方が固定概念にとらわれ実践できていません。

また「保湿=乳液」と勘違いされている方も多いと思います。乳液は保湿を目的とした化粧品ではなく、「油分補給」を目的とした化粧品です。特にオイリー肌の方は乳液は一切不要です。化粧品本来の使用目的は必ず理解するようにしてください。そうすれば思わぬ肌トラブルや化粧品の買い損を抑えることができます。

ビタミンを多く含んだ食生活

脂っこいものやアルコール、甘いものは体内で中性脂肪に変わるため皮脂の原因となります。一日もこういったものを食べない「休肝日」を作ったり、ビタミンB6やビタミンEなど、脂肪の分解に効果があり、代謝を助ける成分を多く摂取するように心がけましょう。

肌に何か異常があると多くの方は「自分は病気なんじゃないか?」と心配になりますが、実はオイリーやニキビなどはほとんどの場合食生活が原因で起こります。病院に行くと、必ずと言っていいほど「最近何を食べたか」が問われます。

ストレスを溜めない

言われてできれば苦労はありませんが、ストレスはすべての病気の根源です。ストレスを溜めると悪性の男性ホルモンが働き出し、様々な所へ影響を与えます。運動・睡眠・趣味など、自分の時間をできるだけ創出し、ストレスを溜めない工夫をしましょう。

男性の脂性肌対策におすすめのメンズコスメ

皮膚の断面

男性の脂性肌の対策に必要なポイントは「保湿成分の補給」です。もっと言うと、肌表面の保湿を担っている「角質層」の主成分であるセラミドを補給すること。

例えば、乾燥もしておらずベタついてもいない赤ちゃんの肌内部の水分量はとても豊富で、自然な形でもちもちとしています。化粧品を塗りたくったような「作られた肌」と違うことは誰の目から見ても明らかでしょう。この赤ちゃんの肌こそが、セラミドが満ち足りた「保湿された肌」なのです。これに近づけるための基礎化粧品を使うべきなので、油分たっぷりの乳液やクリームが脂性肌に必要ないことはお分かりだと思います。

たまに脂性肌でも無理して乳液やクリームを使う方がいますが、絶対にやめて下さい。

【参考】オールインワンフェイスジェルZIGEN

ZIGENオールインワンフェイスジェルを手に取り出している写真

参考までに、脂性肌の男性におすすめのメンズコスメを紹介します。オールインワンフェイスジェルZIGENは、オイルフリーでセラミドを配合したジェルタイプのメンズコスメ。セラミドの効果を高めるアミノ酸類も豊富に配合。男性化粧品の中でも人気・口コミNo.1。脂性肌で悩んでいる方が夏場の汗ばむ季節に利用しても「さっぱり」「爽快」「自然な形で保湿できている」と評判の男性化粧品です。

ZIGENオールインワンフェイスジェルの詳細を見る

男性脂性肌専用Q&A

高校生ですが、肌のベタつきが治りません。

皮脂の分泌は男女問わず10代~20代が最も多いと言われています。この頃は成長期でホルモンバランスが安定しないため、一生の中で最も皮脂の分泌が多い時期です。オイリーなのはむしろ「普通」のことです。凝った化粧品を使用するより、食生活、睡眠、運動、肌に負担をかけないスキンケア、あぶらとり紙、正しい洗顔方法に力を入れましょう。

10代・20代でもお手頃のメンズコスメを教えて下さい。

ドラッグストアでよく見かけるもので言えば、オキシーやウルオス、ギャツビー、場合によっては女性用コスメを用いることもあるでしょう。価格的にはこの辺りだと思います。結論から言うと、これら安価な基礎化粧品は、使わないことが一番スキンケアになります。安価な化粧品は合成界面活性剤・香料・防腐剤・ポリマーなど毒性成分が含まれています。端的に言うと、「肌に悪い」ことを意味します。肌に悪いのになぜ、「化粧品」というのか?そう疑問に思うでしょうが、化粧品の本来の目的は「化ける」ことです。ここの価値観・捉え方が各社非常に面白く現れているので、それなりに成分について理解してくると、企業の理念などが見えてくるのです。例えば合成ポリマーとは、簡単にいうとツルツルのビニールのことを意味します。ビニールをまとった肌に化けることができるためとても綺麗につややかに見えるわけです。しかし肌にとってビニールは異物でしかないため、使用後は肌荒れ等の原因になります。ただ、こういった合成成分なくして今の化粧品業界の発展はあり得ません。合成成分を必要最低限に抑えつつ、安全性を追求し、加えて肌に有効な成分を配合したもの、と限定するととてもじゃありませんが10代の方が出せるお金では買えないのです。若いうちは肌の保湿力は十分備わっているため、本来であれば何もしなくても肌は清潔に維持可能です。仮に冬場、肌の乾燥が気になり粉が吹くようであればワセリンを用いるなど、10代のうちはできるだけ化粧品に依存しない肌を作ることが大切です。

「ゴシゴシ洗顔はダメ」と「洗顔では皮脂をしっかり落とす」の違いがわかりません。

洗顔で落とすべき皮脂とは「余分な皮脂」です。これはすなわち過酸化脂質のことを言います。これ以外の皮脂は肌を守るバリア機能として活躍するため洗い落とす必要はありません。過酸化脂質は水溶性です。つまり水で落ちるため、極端なことを言えば洗顔料は必要ありません。ただ、これは理想論なので、基本は水洗いで、汚れが気になるようでしたら洗顔料を用いて構いませんが、力を入れる必要はありません。

オイリーの場合は化粧水だけのケアでいいと聞きました。

化粧水には水溶性の美容成分であるビタミンC誘導体を多く含めることができ、角質を柔軟にして角質汚れを落としやすくできるため脂性肌の方は使うべきでしょう。しかし化粧水は90%以上が水でできており保湿成分はほとんど配合されていません。保湿成分を含んだ保湿美容液を使って保湿ケアまで行わなければ、顔に水をつけているのと変わらないためかえってオイリーや肌荒れを増進させてしまうということを覚えておいてください。

オイリーであれば保湿は必要ないのでは?

「保湿」と「油分補給」を勘違いされています。保湿とは、肌内部の水分が乾燥しないように水と吸着する保湿成分を含ませ、逃さないようにすることです。油分補給は、30代後半以降の皮脂分泌能力が減退してきた頃に乳液やクリーム等でバリア機能としての油分を補うことを言います。オイリーであることと肌が潤っていることは全く異なります。オイリーの方が乳液やクリームを使えば更に肌はテカリ、オイリーを促進させてしまいます。

オイリーでも乳液やクリームは必要ですか?

必要ありません。化粧品の基本は「不足成分を補うこと」です。乳液やクリームの目的は「油分の補給」です。オイリー肌の人は油分が満ち足りています。そこに更に油分を加えても溢れるだけですので意味がありません。

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

TOP