search-icon

肌ラボ極潤ヒアルロン乳液の口コミ!男性が使っても効果はある?

肌ラボ極潤ヒアルロン乳液

肌ラボ極潤ヒアルロン乳液は、メンズコスメではありませんが知名度も高くドラッグストアやコンビニでも手に入るため、意外と使ったことがある男性も多いでしょう。

男性が利用してももちろん乳液としての保湿効果は得られますが、非常に油分割合が多くベタつきを感じやすいはずです。男性は男性ホルモンの影響を受け皮脂腺が女性よりも活発なため、本来「油分補給」は正しいスキンケアとは言えません。

無香料無着色、アルコールフリーといった配慮はされていますが、油分の配合量、安価な合成界面活性剤の配合などがマイナスポイント。男性におすすめすることは難しい化粧品です。

極潤ヒアルロン化粧水、またはライトタイプを使用して油分が足りない場合に用いてください。乳液と言ってもかなり粘性が強くクリームのような油分の多さなので、少量使いであればコスパは高いです。通常の肌質であれば30代までは同ブランドの化粧水で十分事足ります。

肌ラボ極潤ヒアルロン乳液は男性におすすめできない

肌ラボ極潤ヒアルロン乳液の一回あたりの使用量(男性)

極潤ヒアルロン乳液は、ヒアルロン酸に加え、アセチルヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸Naに比べて2倍の保水力を持つ)、加水分解ヒアルロン酸(ヒアルロン酸Naよりも分子が小さく角層の奥深くまで水分を届けられる)と3種類のヒアルロン酸が配合されています。

「ヒアルロン酸」という響きは良いのですが、これらはすべて皮膚表面で膜を作りもっちりとした質感を作り出す成分。それに加えて、油剤やエモリエント剤が豊富に含まれ、何層にも渡って肌を覆う仕組みになっています。

話を聞いているだけでも分かると思いますが、これは男性にとってあまりに過剰な成分配合であり、「スキンケア」にはなり得ません。

肌ラボ極潤ヒアルロン乳液のベタつき具合(男性)

女性の場合は、日々のメイクやそれを落とすためのクレンジングなど、毎日肌を「擦る」行程を伴うためどうしても油分ベースの重めの化粧品で保護する必要があります。男性は「男性用化粧品より女性用の方が効果が高そう」と思うかもしれませんが、女性用化粧品はこうした社会的背景から成分配合や質感が決められているのです。

全成分から見た安全性と使用可否

水、グリセリン、トリ (カプリル酸/カプリン酸) グリセリル、DPG、スクワラン、オレフィンオリゴマー、PPG-10メチルグルコース、加水分解ヒアルロン酸 、アセチルヒアルロン酸Na 、ヒアルロン酸Na、イソステアリン酸PEG-20ソルビタンステアリン酸グリセリルジメチコン、ステアリルアルコール、カルボマー、ベヘニルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ (フィトステリル/オクチルドデシル) 、TEAEDTA-2Naメチルパラベンプロピルパラベン

極潤ヒアルロン乳液は、無香料無着色でアルコールフリーであるため「肌への優しさに配慮」していると謳ってはいるものの、3種類の合成界面活性剤、男性にとって過剰なほどの油分が使用されているため毒性に関しては注意が必要です。

油分は必ず酸化して肌にダメージを与えます。また代謝活動を阻害し、肌荒れやニキビなどの菌も活性化させてしまいます。以上を踏まえると極潤ヒアルロン乳液は、アルコール由来の刺激はないものの合成界面活性剤や油分、防腐剤等による肌への負担が強い化粧品と言えます。

女性用=安全ではない。男性は男性用化粧品を使う!

男性のスキンケアで必要なものは「油分」ではありません。しかし、肌ラボ極潤ヒアルロン乳液は「油分補給」を目的としている化粧品です。

男性はもともと男性ホルモンの影響を受け皮脂腺が活発なため、ほとんどの方が脂性肌なのです。ただ、カラカラの肌にギトギトの脂がコーティングされた脂性肌なので、乾燥肌×脂性肌の男性がほとんど。それに対処するアイテムとして本品は解決策にならないことは容易に判断できるでしょう。

「肌ラボ」「女性用」というイメージから男性もその効果を期待してしまいますが、しっかりと成分やその働きを理解して購入するようにしましょう。

ブランド名 肌ラボ極潤ヒアルロン乳液
化粧品分類 乳液
メーカー ロート製薬株式会社
価格 500~700円(税込)
内容量 140ml
使用目安 2ヶ月
取扱店舗 全国の薬局にて購入可能
公式サイト http://jp.rohto.com/

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

TOP