search-icon

男性に「椿油」をおすすめしたい理由!“乾燥しない植物油”その効果はいかに

伊豆大島のヤブ椿100%大島純粋三原椿油

近年、美容・健康を目的に「油(オイル)」への注目度が高まりココナッツオイル亜麻仁油など多くのメディアに取り上げられてます。しかし実はもっと身近に日本人が古来より使用してきた万能オイルが存在します。それが椿油です。

ホホバオイル、オリーブオイル、椿油は世界三大オイルと言われています。全身のスキンケアとして使用出来るだけではなく、食用としてインナービューティーにも効果がある万能オイルです。

ちなみに椿油とカメリアオイルは、しばしば同じものと例えられますが厳密にいうと別物です。純国産の椿油は「ヤブツバキ」の種子から採取されますが、カメリアオイルと表記されている商品は「チャノキ」という中国産のツバキ属の種子から採取されています。原料の違いだけではなく、ヤブツバキ由来の椿油はオレイン酸が豊富に含まれているということが特筆する点です。純国産の椿油は85%以上がオレイン酸、カメリアオイルは50%程と大きな違いがあります。

ヤブツバキとチャノキ

椿油は男性に嬉しい成分がたくさん!「オレイン酸」に注目

オレイン酸は肌の皮脂に多く含まれる脂肪酸であり、肌馴染みがよく浸透しやすいのが特徴です。肌は角質層のセラミドという細胞間脂質が不足すると肌トラブルを招きますが、このオレイン酸はセラミドに次いでその保湿力が高く評価されているのです。

オレイン酸の保有量の多さから椿油は「不乾性」といわれる乾燥しない植物油として知られ、少量だけ肌や髪に塗るだけで保湿力を高め蒸発させにくくしてくれるのです。

更に、酸化しにくく抗酸化作用が高いためアンチエイジングにも効果的。椿油に含まれるサポニンは抗菌・抗炎症作用があり、ニキビ予防としても利用できます。敏感肌で悩む男性にとって、椿油は最も安全な化粧品と言えるでしょう。

椿油が男性の肌に与える効果

椿油は「オイル」ということで逆に日焼けしてしまいそうなイメージですが、塗布することで肌のバリア機能をあげて紫外線を吸着する効果があるので天然の日焼け止めとしてシミ・そばかすなどを予防する効果も期待できます。しかし、完璧な日焼け止め方法ではないため焼けたくない場合は市販の日焼け止めを使用してください。

椿油はクレンジング剤としても優秀で、角質の汚れを浮かせて落としキメを整えます。特に男性は髭剃り後などは皮脂・皮膜も一緒に削ぎ落としている状態なので、椿油をごく少量肌に塗ることでアフターシェービングとしても有効です。

小鼻の黒ずみを綺麗にしたい場合も椿油を使ったマッサージで角栓を取り除くので人気の使用方法です。男性は特に皮脂が出やすい傾向にありますが、オレイン酸は過剰に塗布すると逆に肌トラブルの原因となるので適量を守りましょう。

椿油でヘア&頭皮ケア

椿油と聞くとまず初めに思い浮かぶ使用方法は、ヘアケア用品ではないでしょうか。つげ櫛は作る工程で櫛にたっぷりと椿油を含ませることで、髪をとかす際に髪に艶を与えることで知られていますよね。

頭皮も肌と同じなので有効成分はオレイン酸です。頭皮マッサージに使用することで地肌を整えたり、血行がよくなり毛乳頭に栄養を行き渡らせ毛母細胞を活性化させることにより、太くコシのある艶髪を育てるので切れ毛・抜け毛といった薄毛対策、育毛に効果的です。ですから薄毛頭皮の臭いなどに悩んでいる方に椿油は特におすすめなのです。

更に、シャンプー前に塗布しておくことで界面活性剤の強い刺激から予め守ることもできます。

出かける前になじませるだけで、髪をコーティングしパサつきを抑えたり紫外線予防にも使えますが、あくまでも油なので1〜3滴程にしないとペッタリとしてしまうので注意しましょう。

椿油の注意点・害(毒性)

椿油やホホバオイル、馬油なども同じですが、こうした「オイル」は水分を一切含まないため、角質層の水分蒸発を招きにくいと言われています。従って、乾燥肌の対策には非常に優れています。

化粧水や乳液は、60~90%近くが水分のため、肌のしっとり感や水分感を得やすく、一時的な対策としては非常に優秀です。しかし、角質層を水分で満たしてしまうため、その構造を崩しやすく、時間が経つとかえって乾燥してしまうなどのトラブルを引き起こします。それに対して椿油などのオイルは、水分を含まないため角質層にまで浸透してもその構造を崩さないように上手に保湿することができます。

ただ、角質層にオイルが浸透してしまうためその効果は完全ではありません。浸透させずにしっかり保湿する場合はワセリンなどが有効です。ただワセリンなどの場合、肌触りやツヤといった面でオイルに大きく劣るため(使用感が悪い・ベタつく)、肌の状態やその日の予定に合わせて変えると良いでしょう。

また同じように「ジェル」を使用した化粧品も肌の代謝や角質層の構造を損なわせずに保湿することができます。より化粧品テイストになり使い勝手がよくなるため、男性にはオイルやワセリンよりもおすすめです。

※代謝活動を損ねないジェルを使用したセラミド配合メンズコスメ

食用椿油は酸化しにくく熱に強い性質で病気予防に効果あり

あまり知られていませんが、椿油は食用としても使用されています。体内に取り込むことで

  • 血中の悪玉コレステロールの減少(動脈硬化や心臓疾患予防)
  • 胃に優しくお通じをよくする
  • 生活習慣予防
  • 抗酸化作用でガン予防にも有効

これらの効能が期待できます。近年話題となった亜麻仁油など、万能オイルの中には欠点として「熱に弱い」ものもありますが、椿油は熱に強く酸化しにくい性質が特徴でカラッとあげることが出来るため天ぷらなどの油として最適です。

オリーブオイルもオレイン酸が豊富な油として人気の高い調味料として人気ですが、オリーブオイルは75%程の保有量に対し、椿油は85%以上がオレイン酸と保有量を大きく上回っています。

現在では様々な健康や美容にいい油が取り上げられていますが、椿油も捨てたものではありません。それに、純国産というのは安心感もあります。価格も高すぎず、決して希少性が高いわけでもないので試しやすいのが魅力的。是非椿油を使用したスキンケアを実践してみて下さい。

【椿油まとめ】

ヤブツバキを使用した椿油がおすすめ
チャノキを使用した中国産はオレイン酸配合量が少ない
天然の日焼け止め効果がある
クレンジング、アフターシェービングとしての効果も
小鼻の角栓を天然ピーリングできれいにできる
薄毛や頭皮の臭いに効果あり
食用としても健康的なオイル

【PR】伊豆大島産ヤブツバキ100% 大島純粋三原椿油

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

TOP