search-icon

バルクオムをレビュー~実力はホンモノ!多くの著名人が愛用する今最もキてるメンズコスメ

バルクオム(化粧水・乳液・洗顔)

バルクオムはメンズコスメの中でも非常に「品質」が高い、本格派コスメです。肌質を選ばず使用できる万能さと、成分の安全性、「スキンケアが楽しい」と思えるハイセンスなパッケージ。男性心をくすぐる工夫が随所に見られます。

このページでは、バルクオムの購入を考えている方が、実際に使ってみて後悔しないようレビュー・体験談・裏話等をまとめています。品質はメンズコスメの中でも群を抜き、芸能人・俳優・美容師など、容姿で仕事をされている方の愛用者が多いことで知られています。

ロフトや東急ハンズなどのメンズコスメコーナーでは最も大きいスペースを陣取り、その人気の高さが伺えます。化粧水・乳液・洗顔を始め、パックや日焼け止め、ボディクリーム、ボディソープ、ハンドクリームなど他アイテムについても展開。海外へも進出し、グローバルブランドとして知名度を広げています。

バルクオムを購入する

【公式サイト】https://bulk.co.jp/

バルクオムってどんなメンズコスメ?

バルクオム洗顔料のキャップを外そうとしている写真

バルクオムの最大の特徴は、成分品質の安全性と、肌質を選ばず使用できるオールマイティーな万能性

バルクオムの全成分を解析した結果、洗顔料・化粧水・乳液のどれも毒性はほとんど検出されず、検出されたものに関しても多くの化粧品で利用され安全性が確認されているもの、医療で実際に使用されているものでした。

また、男性の肌は女性の2~3倍近い皮脂量を分泌しますが、その皮脂にアプローチする設計になっているのも魅力的です。安全性・オイリー対策・ニキビ及び肌荒れ対策を特にバルクオムに対して期待している方は、これ以降のレビューを見る価値があります。

バルクオムのパッケージ

左から、THE FACE WASH(洗顔料)、THE TONER(化粧水)、THE LOTION(乳液)です。

なおネットで購入できる「BASICコース」の場合、500円でTHE FACE WASH(洗顔料)、THE TONER(化粧水)、泡立てネット、詰替えボトル(化粧水用)・乳液サンプル(2包)が付属し、バルクオムを格安で存分に楽しむことができます(初回限定です)。

BASICコース」にTHE LOTION(乳液)が付属しない理由は、THE TONER(化粧水)をオールインワンとして利用できる力があるので、さらに乾燥が気になる方だけがオプションで購入する形になっています。

肌活セット限定付属 BULK HOMME THE BUBBLE NET
▲BASICセット限定付属 BULK HOMME THE BUBBLE NET
BULK HOMME THE BOTTLE(THE TONERを入れる容器)
▲BASICセット限定付属 BULK HOMME THE BOTTLE

ちなみに、洗顔ネット(THE BUBBLE NET)が意外とおすすめです。4重構造でどんな洗顔料も濃密な泡立ちになります。水・空気を瞬時に取り込み破れにくい特徴。ボディソープの泡立てに利用できるほど大きく、是非一緒に手に入れてほしいアイテムです。

AmazonやロフトでTHE TONER、THE LOTIONを単品で買うと詰め替えボトルや泡立てネットは貰うことができませんし、詰め替えボトルと泡立てネット自体も意外と高いです。スキンケアをこれから始める、何も準備がないという方は、色々購入するより500円で試すことができる「BASICコース」がおすすめです。

バルクオムTHE TONER(化粧水)の評価

バルクオム化粧水を男性が手に持っている写真

  • 天然の植物エキス中心の配合、フルーティな香りに包まれ使用感が抜群
  • 塗布後のみずみずしさ、保水力を強く感じるもののベタつきを感じにくい
  • 安全性・肌への効果が科学的に実証されたものを厳選した「品質重視」のメンズコスメ
  • カップルでも利用できるハイセンスなユニセックスデザイン
  • オールインワンとしても使用できる保湿力の高さ

皮膚表面で肌の水分蒸発・乾燥を予防する幹細胞と同じ構造をしているリンゴ幹細胞エキスを配合した化粧水です。アルコールやメントールなど刺激と爽快感を与える清涼剤は含まず、純粋に「保湿」を考えた配合バランスになっています。

バルクオム化粧水を取り出している写真

ベタつきを抑え保湿を同時に享受できるため、夏場はTHE TONERだけでオールインワンのような使い方も良いでしょう。

塗り込んだ後の肌はとろみを感じますが、植物エキスを主体に配合しているため、男女ともに喜ばれるフルーティな香り、使用感はサラサラしていてオーガニック独特の「キシみ」が感じられ、肌に負担をかけない安全性も備えていると評価できました。

バルクオムTHE TONERの良い点

  • 肌質を選ばず使用できる
  • 無香料だが植物エキスなど自然な香りが広がり使っていて心地良い
  • ベタつかないのにしっかり保湿できるので乳液を使わなくてもこれだけでスキンケア可能

バルクオムTHE TONERの悪い点

  • 容器の構造上化粧水がとても取り出しにくい
  • 値段の割に容器がチープでストッパーがないため傾けると化粧水がとめどなく出てきてしまう
  • 手に取って片手が塞がった状態でフタを締めにくく、容器を自立させにくい構造なので手からこぼれてしまう

バルクオムTHE TONERの詳細を見る

バルクオムTHE LOTION(乳液)の評価

バルクオム乳液を男性が手に持っている写真

  • ベタつきにくくテカらない、かつ塗布後の仕上がりがさっぱりした乳液
  • 皮膚の保湿を担うセラミドを保護する成分が豊富
  • 肌のキメを整え毛穴を目立たなくさせる
  • フルーティで心地よく「重さ」を感じない

THE LOTIONを一言で表現すると「ベタつかない乳液」。化粧水と違ってかなり固形に近くドロっとしています。

乳液と言うと、「ベタベタする」「テカる」「ニキビの原因」と言われたりしますが、バルクオム乳液の場合は先ほど紹介したリンゴ幹細胞エキスやユズ果実エキス、チャ葉エキスなど自然由来である植物独自の力を利用した成分が主体なので、乳液でありながら良い意味で「さっぱり」している印象です。

バルクオム乳液を手に取り出している写真

従って、オイリーでも、夏でも、基本的に季節や肌質を問わず使用できる乳液であり、他の乳液との力の差を感じました。また乳液が苦手な人は無理に使わなくて大丈夫です。写真の1/3くらいでもよく肌に伸び、肌を整えるうえでさっと広げる程度でも効果があります。

バルクオムTHE LOTIONの良い点

  • 乳液の中でもかなり質が高く、いい意味で「油分感」を感じない
  • 夏はTHE TONER1本で、冬はTHE LOTION1本など、オールイワン的に使っても良いと感じる
  • もちろん2つ合わせて使っても問題ないが、肌質によっては少ししつこい気もする

バルクオムTHE LOTIONの悪い点

「乳液不要論者」にとってはやはり化粧水だけで十分。化粧水だけでも十分な保湿の働きを担い、わざわざ乳液を使用しなくても問題ない。ただ、これまで見てきた「乳液」と比較すると確かに品質は高いと評価できる。

バルクオムTHE LOTIONの詳細を見る

バルクオムTHE FACE WASH(洗顔料)の評価

バルクオム洗顔料を男性が手に持っている写真

  • クレイミネラルズ(泥)を使用した洗顔料、濃密で弾力があり刺激が少ない
  • フルーティな香りに包まれながら楽しく洗顔ができる
  • 皮脂を落としすぎず洗顔後のツッパリを感じにくい
  • 合成界面活性剤を使用せず安全性が高い洗顔料

クレイミネラルズとは、簡単に言うと「泥」。泥洗顔や泥パックを想像すると分かりやすいと思います。

肌の細部にまでわたって浸透し、それを洗い流すことでしっかりと汚れと吸着して毛穴の奥底まで清潔にすることができます。皮脂の滞留によるニキビ・肌荒れの予防に対して非常に効果的です。

バルクオム洗顔料の泡立ち・弾力を示した写真

この濃密で弾力のある泡はバルクオム特有のものと評価できます。それでいて汚れを「落としすぎない」のも男性に優しい設計です。洗い上がりはパサついたり突っ張ったりしません。

またTHE FACE WASHだけでなく、THE LOTION(乳液)にもクレイミネラルズは含まれています。男性の肌に不足しがちなミネラルの補給もできるため、肌がみるみる若返ります。

肌の新陳代謝にはミネラルが使用されるのですが、ミネラルが不足している場合は代謝速度が遅くなり、肌が黒ずんだり、ボコボコ肌になったりしてしまうのです。バルクオムなどクレイミネラルズを含んだ化粧品を使用することでそれを予防することができます。

バルクオムTHE FACE WASHの詳細を見る

バルクオムによるスキンケアを3年間続けて感じたこと

私は今のバルクオムのパッケージになる前からバルクオムを愛用しており、使い始めて約3年以上が経っています。そこで改めて「バルクオムとはどんなメンズコスメなのか」考えてみました。

まずバルクオムはベタつかずにしっかり保湿したい方向けのメンズコスメです。自分自身がスキンケアに気を遣っているということもありますが、バルクオムを使っているときにニキビや肌荒れができる、かゆみ・痛み・ヒリヒリ、また乾燥などもありませんでした。化粧品の安全性はかなり高く、敏感肌の方も使いやすいと感じました。

バルクオムTHE FACE WASH(洗顔料)使って洗顔

乾燥肌向け・脂性肌向け、とバルクオムをあえて位置付けるとすれば「敏感肌向け」と評価します。それくらい化粧品の安全性に私は注目しました。効果ばかりに目がくらんであまり注目しないポイントですが、化粧品選びでは非情に重要なところだと思います。

なお、個人的に一番懸念していたことがTHE LOTIONの乳液による油分の滞留感でした。もともと私は「乳液否定派」なので、一般的に言われている「乳液はベタベタする」「オイリーで悩んでいるのに油分補給が本当に必要なのか」ということを常に考えていたため期待していませんでした。しかし、先ほどのレビューの通り、植物エキス主体の乳液なので、ベタつかない、良い意味で清涼感があり、皮膚への細かい保湿が行われている実感がありました。

バルクオム乳液を手の平に出し、伸ばした様子、粘土を確かめている

乳液でここまで満足できたのは実は初めてで、実際に肌がふっくらしている感覚もあり、時間が経っても「一番いい状態の肌」を維持できている印象がありました。

もちろん、乳液は無理して使う必要はありませんし、「BASICコース」であれば、500円でTHE FACE WASH(洗顔料)、THE TONER(化粧水)、泡立てネット、詰替えボトル(化粧水用)・乳液サンプル(2包)が付属し、スキンケアを楽しむことができます。使用感に満足し、もう少し強めの保湿を行いたい場合のみ乳液を購入すると良いでしょう。

バルクオムの評価ポイント!注目成分を検証

バルクオムは「ベタつきやすく乾燥しやすい」20代後半~30代特有の肌に特化した化粧品です。具体的にどういった成分が働きかけているのか、特に注目したい成分について補足していきます。

リンゴ果実培養細胞エキス:肌を蘇らせる

バルクオム最大の特徴である「リンゴ幹細胞エキス」は、男性の傷付いた肌や保水力を失った肌に力を取り戻す働きがある成分です。最近ではアンチエイジング化粧品にも使用されることがあり、シワ・乾燥予防に良いとされています。

特に男性の肌は、女性よりも2~3倍近く皮脂が分泌されます。そしてその皮脂が酸化することで肌の腐敗や機能低下を促す過酸化脂質となってしまうのですが、バルクオムに含まれるウトビラー・スパトラウバーという収穫から4ヶ月経っても腐らないと言われるリンゴを使用しているため男性の肌の腐敗を予防する(抗酸化作用)には最高の成分です。

加水分解シルク:肌に潤いを与える

バルクオムの高い保湿力と、ベタつかずに自然な肌のもちもち感を演じているのは加水分解シルクという保湿成分の働きによるものです。「黄金まゆ」とも言われています。

加水分解シルクが優れているのは水分や肌との吸着性・吸水性です。肌が乾燥してしまう仕組みは、皮膚が細かくめくれ白く粉が噴いたような状態になり、肌の水分が飛んでしまうことによります。従って、それをサポートする保湿成分の配合があると、単純な上塗りの油分による「エセ保湿」ではなく、しっかりとした「保湿」ができます。アミノ酸、天然保湿因子(NMF)を含む保湿成分でセラミドの働きをサポートしながら肌を保湿することができます。

バルクオムの誤った口コミ・評判

  • バルクオムを使うと肌が綺麗になる
  • バルクオムを使ったらニキビが治った
  • ニキビに悩んでいる人にバルクオムをおすすめしたい

SNSで実際に使った人の口コミや評判を見てみると、特にこういったポジティブなものが集中して見つかりました。しかしバルクオムを使って「肌がきれいになる」「ニキビが治る」ということはありません。

基本的にすべての基礎化粧品は「予防」を目的に作られており、「治癒」「改善」効果はありません。これはバルクオムの代表である野口氏もTwitter上で発言されています。むしろ、ニキビを治したいのであれば皮膚科に行けばすぐに薬をもらうことができます。なぜ、効果が不可思議な「化粧品」に頼るのか、そちらの方が疑問です。

実際に治っているという方も、それは肌に対して今まで以上に気にするようになっただけの二次的な症状でしょう。ニキビや肌荒れ、デコボコ肌の現象は、もっと複数の症状によって起こっています。成分の安全性や、基礎化粧品としての働きは高く評価できるものの、そこまで高い効果はありません。

BOTCHAN~新旧SNS映えメンズコスメとの比較

BOTCHANシリーズ

基礎化粧品を、中身ではなくパッケージ(外装)で評価するというのは正直どうかと思いますが、腰の重い男性に化粧品を「手に取らせる」「スキンケアをしたい」と興味を持たせるバルクオムとBOTCHAN(ボッチャン)、この2つのメンズコスメブランドはさすがだなと素直に感じました。

BOTCHANは今、SNSで多くの話題を集めるバルクオム以来のニューカマー。私もすぐに注文をして試してみました。

成分や使い心地、実際に使用した肌感において比較すると、これはさすがにバルクオムが圧倒的でした。価格帯においては両者同等ですが、BOTCHANは成分のバランスや、特に洗顔料(GENTLE CLEANSER)で違和感を感じました。詳しいことは個々のレビューでまとめていますが、「メンズコスメ」という言葉もどんどん中性的なイメージに変化していくことが考えられます。

バルクオムはどんな人におすすめ?

バルクオム肌活コースのセット内容

バルクオムはメンズコスメの中でも「総合力の高さ」を感じました。

ギャツビーやメンズビオレ、ニベアメンなど、汎用性の高い化粧品と比較すると成分の品質の高さは顕著。実感力の高さと、敏感肌や乾燥肌の方でも使用できる安全性を両立したメンズコスメがバルクオムであると評価できます。

なおBASICコースなら初回限定500円でバルクオムの全てを体験することができます。保湿重視のスキンケア、他とは違う、差をつけたいなど、「一方上のスキンケア」を望んでいる方は是非バルクオムを試してみて下さい。

バルクオムを購入する

【公式サイト】https://bulk.co.jp/

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

TOP