search-icon

バルクオム洗顔料の口コミ!肌荒れやニキビで悩む男性におすすめ

バルクオム洗顔料(THE FACE WASH)

人気メンズコスメ「バルクオム」の洗顔料、THE FACE FASHをレビューしました。

  • 肌に優しくカッコいい洗顔料を探している
  • 泡立ち・弾力がある洗顔料を探している
  • バルクオムの化粧水、乳液を使ったことがあり、洗顔料にも興味がある
  • 洗顔料にもこだわりたい

そういった方のためにバルクオムの洗顔料はおすすめです。バルクオムは、「洗浄力の質」にこだわりを持っています。単純な洗浄力だけで見るなら、実はドラッグストアに陳列されている安価な洗顔料が最も強力です。「汚れを落とす」ということはそれほど難しいことではないからです。

しかしそれでは、本来肌にとって必要な「皮脂膜」まで落としてしまい、汚れは落ちても肌の水分が蒸発しやすくなって乾燥肌になってしまったり、失った皮脂を補おうとして逆に過剰な皮脂の分泌を招いてしまう可能性があります。THE FACE WASHでは、男性の肌に付着した汚れをしっかりと落としつつも、肌に必要な皮脂は残し擬似皮脂膜を形成できるよう、何度も配合テストを繰り返し、適度な洗浄力は保ちつつエモリエント効果が期待できる洗顔料に仕上げることが出来ました。

出典:バルクオム開発者ヒストリー

従って、繰り返される肌荒れやニキビ、脂性肌で悩んでいる男性にとって非常におすすめ。市販の洗顔料ではついゴシゴシと洗い過ぎてしまいますが、バルクオムでは乾燥を防ぎながらしっかり汚れを落とすことができます。

バルクオムを購入する

【公式サイト】https://bulk.co.jp/

公式(最安)ページ バルクオムの特徴・強み
BULK HOMME
バルクオム
・泡立ち、弾力がよく優しく肌を洗い上げる
・クレイ(泥)を使用し自然な力で汚れを落とす
・ユニセックスでハイセンス、香りも良い

バルクオムTHE FACE WASHの評価

バルクオム洗顔料を男性が手に持っている写真

評価 コメント
泡立ち 大きく弾力ある泡を簡単に作ることができる
成分 合成界面活性剤や強力な洗浄剤は使用せず成分にこだわり
質感 香り・保湿感・清涼感ともに心地よい
コスパ 成分は素晴らしいが高価格帯の洗顔料

個人的に最も評価できる点は「成分の安全性」です。後述する成分判定の結果からも分かりますが、最も毒性が強い合成界面活性剤や、メンズコスメ特有のメントール感がありません。心地よい香りに包まれながら弾力のある泡でしっかり洗うことができます。

バルクオムTHE FACE WASHと他の洗顔料の違い

バルクオム洗顔料の泡立ち・弾力を示した写真

冒頭も触れましたが、バルクオムの最大の特徴は「洗浄力の質」です。洗浄力は控えめにしながら安全性を高め、落とす汚れはしっかり落とす。しかし落としすぎると肌のツッパリや乾燥を招くため、それを保護する工夫も備えているのがバルクオムなのです。

また洗浄剤はクレイミネラルズ(泥)を主成分としているため、泡が濃密で少し重く感じるほどです。ゴシゴシとこする必要なく安全に汚れを落とせます。

バルクオムTHE FACE WASHの全成分と毒性判定

カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキスチャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、水酸化Na、グリシン、エタノールフェノキシエタノール香料

全成分を見ると、毒性判定を受けている成分が非常に少なく、その安全性が伺えます。毒性判定がある成分についても、それは成分判定上のことで実際肌に与える影響は少ないことで知られています。

石鹸成分については「カリ含有石ケン素地」を使用。古くから知られる石鹸成分で、毒性・皮膚刺激性はなく、アレルギーの報告もありません。

洗浄剤としては「クレイミネラルズ」、つまり「泥」を使用しています。合成の化学成分ではなく、天然由来の細かい粒子によって汚れをかき出すイメージ。安価で汎用性の高い洗顔料だと、皮脂や肌に付着した汚れ以外のところも落としてしまうのですが、バルクオムの場合は、落とすべき汚れは落とし、必要な成分については残す仕組みがなされています。そのため、洗顔後も肌が乾燥せずもっちりした仕上がりになります。

バルクオムTHE FACE WASHの使い方(動画)

バルクオムの泡の作り方や手順を示す動画を撮影しました。音は出ません。

1回の使用量は、動画のように取り出し口から1~2cmほど出したあたりで十分な泡立ちが可能です。

バルクオム洗顔料のキャップを洗顔ネットに取り出している写真

少し補足すると、洗顔にかける時間は泡を顔に乗せてから30秒以内におさえましょう。

バルクオムの公式の解説では、「汚れが気になるところを丁寧に洗う」とあります。しかし、本来どんな安全な洗顔料であっても「すばやく洗う」のが基本です。そもそも顔に付着する汚れは洗顔料を使った洗顔をせずとも、水で落とせます。洗顔料はスキンケアの中でもオプション要素が強いアイテムなので、こすったり、時間をかけたりして洗うとどうしても皮脂や角質層が落とされすぎて乾燥してしまうのです。

バルクオム洗顔料を泡立てネットで泡立てている写真

また動画の中でも使用している泡立てネットですが、これは必ず用意しましょう。洗顔ネットを使わず泡立たせることは意外と難しく、また水と空気を含ませない「原液」のままだといくらバルクオムであっても肌に負担がかかってしまいます。

バルクオムは肌への安全性を重視したスタンダードな洗顔料!

バルクオム洗顔料を男性が手に持っている写真

パッケージやブランドイメージから「デザイン重視のメンズコスメ」であると勘違いされがちなのですが、実は品質・成分・安全性に気を遣った繊細な洗顔料です。

また香りや泡立ちも楽しみながらスキンケアに徹することができるため、多くの男性に手に取ってほしい洗顔料だと評価します。

バルクオムを購入する

【公式サイト】https://bulk.co.jp/

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

TOP