search-icon

メンズコスメ「BOTCHAN」化粧水の口コミ!実際に使ってみました

BOTCHAN FOREST TONER ボッチャン フォレストトナー(化粧水)

今最も注目を集めているメンズコスメ「BOTCHAN(ボッチャン)」の化粧水フォレストトナーを使ってみました。

私自身BOTCHANを知るきっかけとなったのはSNSの影響です。そして、思わず手に取ってしまったのもこの洗練された、なぜか魅了されるデザインが理由。正直、化粧品という人によってはすごくデリケートな「薬」について衝動的に購入する動機を作らせてしまうのもどうかと思うのですが、どうしても気になってしまいました。

デザインだけではない、こだわり抜いた自然派設計

BOCHAN化粧水を使って保湿ケアを行う

「BOTCHAN」はそのデザインが魅力的ですが、実は中身に強いこだわりを持っているようです。実際に化粧水「フォレストトナー」を使用したレポートをまとめていきます。

まず手に取った印象では、油分控えめで多少とろみがある実感。使用目安である「500円玉大」では少し多いかなと感じます。顔に包み込むと、「FOREST TONER」の名前の通り、シトラスフォレストのフルーティな香りが広がり、非常にテンションが上がっていきます。私は個人的に、スキンケアには「楽しさ」が必要であると思っているのですが、まさにBOTCHANはそれを実現してくれているような気がします。

また保湿感についても十分満足。化粧水ではありますが、保湿効果を持ったオウゴン根エキスを中心に複数種の植物エキス、ヒアルロン酸や肌荒れ・ニキビ予防効果があるグリチルリチン酸2Kも配合。美容液を購入して補助するまでの必要はないでしょう。冬場は少し物足りなさを感じるかもしれませんが、多くの男性はこれで満足できるはずです。

BOTCHAN FOREST TONERの全成分と毒性

BOTCHAN FOREST TONER ボッチャン フォレストトナー(化粧水)の全成分

水、プロパンジオール、グリセリン、アロエベラ葉エキス、オウゴン根エキス、ユーカリ葉エキス、ヨーグルト液(牛乳)、アーチチョーク葉エキス、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-51、チューベロース多糖体、BG、クエン酸、クエン酸Na、エチルヘキシルグリセリン、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、PEG-60水添ヒマシ油フェノキシエタノール香料

毒性のある成分は、単純な判定結果で実際は多くの化粧品に使用され安全性が高いものばかりです。最も毒性が強い合成界面活性剤「ポリクオタニウム-51」は、化粧水との親和性が高く、むしろ保湿効果が高い成分。肌への毒性は「ゼロ」に近いものと評価している専門家もおります。

実際に使用した感覚でも、染みたり、清涼剤のような水分がむしろ飛ぶような感覚があったりということはありませんでした。少し気がかりなのは「香料」。多くの化粧品開発者が指摘するのは、この香料に都合の悪い成分を含ませて隠してしまうことができてしまう点。香料入りの化粧品の怖さはここにあります。使用感を高める以外の利用用途の香料をなぜ使わなければならなかったのか不明です。

天然由来にこだわりがあり、植物エキス中心の配合、使った印象もフルーティで心地よかったのですが、それが香料によるものだと思うと少し残念です。

BOTCHAN化粧水フォレストトナーの悪い点

蓋が異常に固い

BOTCHAN化粧水の蓋が異常に固くて開かない

容器の蓋がとにかく固いです。開けられない方もいるのではと思うほど固く締められています。実際に私のもとに届いたものだけかもしれませんが、もし同じような状況の方はコメントをいただけると幸いです。

公式サイト以外に購入手段が無く、サイトの使い勝手も悪い

メンズコスメ「BOTCHAN」の公式HPキャプチャ

BOTCHANのメンズコスメを購入するには、公式サイトの通販、あるいは伊勢丹オンラインストア・阪急メンズオンラインストア。大手の店舗は取扱いがなく(阪急メンズストアで8月にイベントが行われたそうです)、個人のお店が2店舗。今後はブランドイメージ的に、LOFTや東急ハンズなどの店舗、Amazon・楽天などで販売されると思いますが、今は実質公式サイトのみ。

そして、この公式サイトが非常に使いにくい。買わせる気が無いのでは…?と思わせるUIの低さです。

  • 随所にアニメーション散りばめられサイトが重い
  • 各ページに移るごとに不要なアニメーションを見せられる
    「かごに入れる」「かごを空にする」という所でも見せられる
  • 複数のアイテムを購入できない
    実際はできるが、ページが無いURLに飛ばされる

改善が進んでいくと思われますが、いち早く直してほしいポイントだと思います。最初は可愛らしくて良いのですが、だんだんアニメーションがストレスになっていきます。

ジェンダーレスコスメはいかがなものか

BOTCHAN FOREST TONER ボッチャン フォレストトナー(化粧水)

巷ではBOTCHANの洗練されたデザインから「ジェンダーレスコスメ」として話題になっていますが、男女ではどうしても日常メイクの有無が社会的に存在するため、良いか・悪いかで言えば開発者はそれを望んでいないような気がします。

女性の肌は、クレンジングによって毎日肌を「擦る」作業をしているため、どうしても乾燥肌傾向となり、皮脂不足で弱さがあります。男性のようなさっぱりしたライトな化粧品では力不足で、BOTCHANの化粧水もかなり軽いです。そもそも男性の肌はオイリーで皮脂が過多状態なので、肌質だけで見れば強固なもの。

男性がBOTCHANを手に取るのは全く構いませんが、女性にはあまりおすすめできない構造だと感じます。

中身以外にどれだけお金がかけられているのか気になる

BOTCHANシリーズ

BOTCHANの特徴と言えばその可愛らしいデザイン、何故か惹かれるその見た目やネーミングにあるのは誰の目から見ても明らかです。そもそも化粧品は、肌に塗るための「外用薬」としての意味合いが強いため、そこにまず目が行って多くの方が衝動買いしてしまうのは怖さもあります。

決して成分が悪い、デザインやボトルばかりにお金がかけられているということでもないのですが、そこへかけられるお金を中身につぎ込んでいれば、あるいは価格を下げることができればもっと多くの人に渡ったのではないかとも思います。

しかし、スタートダッシュでSNSなどで一気に拡散されたり、中性的な男性が多くなった時代に受け入れられたのは間違いなくこのブランドイメージがきっかけ。今後は詰替え用のパウチが発売されたり、大容量で格安で手に入れられたり、リピーターやファン向けの商品開発が進めば高く評価できます。

ブランド名 BOTCHAN FOREST TONER
化粧品分類 化粧水
メーカー 株式会社 アンド・コスメ
価格 2,160円
内容量 150ml
使用目安 2ヶ月分
取扱店舗 公式通販、伊勢丹オンライン、阪急メンズオンライン
公式サイト http://botchan.tokyo/

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

TOP